邪魔な庭木を切るには|元気な木を育てたいなら間伐は定期的に|自然を守る為に大事なこと

元気な木を育てたいなら間伐は定期的に|自然を守る為に大事なこと

植物
  1. ホーム
  2. 邪魔な庭木を切るには

邪魔な庭木を切るには

木材

購入した中古住宅の庭にある木が邪魔になっていたり、自分で植えた木が大きくなりすぎた場合は、木を伐採する方法があります。木を伐採する時に気をつけたいのが、道具の取り扱いについてです。のこぎりやチェーンソーなどを使って伐採を行いますが、幹が細く背が低い木は簡単に切れそうに見えても、意外に大きな力が必要だったりします。また、道具の使い方にはコツがあり、使い慣れていない人がチェーンソーを使うのは難しいものです。木を伐採した後は切った木をどうやって処分するかも重要です。細い枝などは自治体のゴミ収集に指定された日に出すことが出来ますが、太くて重い幹の部分などは、自治体のゴミ収集には出せないケースが多いので注意が必要です。

庭の木の伐採方法としておすすめなのが業者に依頼する方法で、庭の不要な木に悩んでいる人の中でも人気の方法となっています。人気の理由として自分では伐採するのが難しい大きな木でも、安全に伐採してもらえますし、切った木の処分も行ってもらえるので手間がかからないという点が挙げられます。また、複数ある中で一部の伐採を考えている場合は、バランスなどを考えた上でどれを残したら良いか等のアドバイスが受けられるという点も人気となっています。料金は木の本数や大きさによって変わって来ますが、依頼する業者によっても大きく違うため、まずは複数の業者に伐採の見積りを依頼し、よく比較した上で伐採を依頼する業者を選ぶようにすると良いでしょう。