元気な木を育てたいなら間伐は定期的に|自然を守る為に大事なこと

植物を運ぶ人

健康な木を育てます

チェーンソーを持つ人

洪水対策にも

間伐の必要性は、様々な啓蒙活動によって多くの方に知られる様になってきましたが、近年ではさらに重要性が増しています。森の役割として、山に降った雨を一時的に蓄えてくれるものがあります。この働きによって、大雨が降った場合でも洪水を防ぎ、わたしたちが安心して生活することができるのです。この働きを維持するために、間伐によって森を健康な状態に保つとともに、土壌が雨水を吸収できる様な柔らかい状態に保つ必要があります。土壌を健康に保つためには、間伐によって太陽光が地表へ届く様にし、地表に根を張る草などの光合成を促進します。これによって草などの植物が土壌にしっかりと根を張り、雨水を吸収できる土壌が出来上がります。

作業の流れは

間伐は、苗木を植えて15年程度が経過した森が対象になります。このころになると、木が成長して隣の木との間隔が狭くなり、さらに成長すると枝が重なり合ってしまいます。ここまでくると、地中の根も広がることができなくなるので、幹の成長に影響が出ます。間伐には、決めた本数の木だけを残す定量間伐と、列状に木を残していく列状間伐などの方法があります。この二つの方法では、列状間伐の方がコストを抑えることが可能ですが、間伐する木を選ぶことができない課題もあります。しかし、実施することで森の状態は必ず良い方向へ向かうために、コストなどの面で制約がある場合には有効な方法です。今後は、間伐材の活用方法を広げ、より実施しやすい環境づくりが大切です。

邪魔な庭木を切るには

木材

庭木を自分で伐採するのは難しく、切った木の処分にも困る場合があります。業者に依頼すれば面倒な手間をかけることなく伐採してもらえますし、庭木の処分もしてもらえるので、庭木の伐採方法として人気となっています。

女性にも人気

多肉植物

多肉植物はぷくぷくとした見た目が可愛らしく人気のある植物です。育て方が比較的簡単なので初心者にも育てやすいです。水が多すぎると根腐れを起こしやすいので注意しなければなりません。タイプにより育て方のポイントが変わるのでその特徴を知るのが重要です。

きれいな芝生を維持する

芝刈り機

芝刈りをするためには、目的にあった芝刈機を選ぶことが重要です。手動式のものや電動式・エンジン式のものなど種類は様々ですが、使い勝手のいいものを選ぶことが大切です。電動式のもので、特に充電式であれば、女性でも使いやすくて便利です。